火災保険を選ぶ上で大切なポイントを抑えておきましょう!

住宅購入の際に必須となる火災保険ではありますが、様々な会社から販売されているためどの保険会社を選択すればよいのかわからないという方のために、火災保険を選択する際に特に重要なポイントをいくつかご紹介します。まずは保険の対象となる補償範囲を決める必要があり、例えば同じ火災保険の中にも火災や落雷のみを補償範囲と設定している会社もありますし、火災や落雷に加えて水災や窃盗も補償範囲に含まれている会社もあります。そして、あまり聞き慣れない言葉かと思いますが、構造級別の確認も必須であり、構造級別とは保険の対象となる建物の構造のことです。構造級別は大きく分けてマンション構造、鉄骨造住宅などの耐火構造と木造住宅などの非耐火構造の3つの種類に分けられるため、マイホームがどの構造級別に当てはまるかによってプランを選択するべきです。

そして、保険期間も各社で異なるので、更新をいちいちするのが面倒な人は10年の保険期間のタイプを選ぶのがおすすめですし、毎年他の商品と比べて保険の見直しをしたいという方には保険期間が短いタイプのものがおすすめです。実際に保険が適応になった場合に支払われる補償額は、保険の加入に必要な価格におおむね比例するので、より高い補償額を設定したいというひとは価格の高い保険への加入を検討するのが良いでしょう。

このように、火災保険を選ぶ上では補償範囲がどこまで必要で自宅がどの構造級別にあたるのか、また保険期間は長めと短めとどちらが良いのか、そして補償額をどの程度に設定したいのかなどの観点から自分の求める補償内容をカバーできる商品を選択するのがポイントです。いざという時に役に立つ火災保険ですので、きちんと期待する補償範囲に対応してくれて必要な補償額を得ることができる商品に加入するようにしましょう。

そして、火災保険の他にも最近需要が増えてきているのが地震保険という種類の保険です。一般的な火災保険では地震に付随する損害は補償されていないことが多いため、特に自身が心配な地域にお住まいの方は地震保険の加入を検討することをお勧めします。地震保険の商品もいくつかの種類があり、火災保険と同じようにそれぞれ補償範囲や補償額などの各条件が異なっているので、いくつかの会社を比較して検討するべきです。火災保険と地震保険に加入することで、大事なマイホームを天災や震災から守れるように万全の備えをしましょう。