家を持つなら節税方法を学んでお得に生活しましょう

家を持つタイミングで一度検討した方が良いのが節税方法であり、効率的に節税を行うことができればその分の費用を普段の生活費や住宅ローンの返済費に充てることができます。節税に効果的な制度がいくつかあるので、特にお勧めで比較的初心者でも簡単に使用することができる制度をいくつかご紹介させていただきます。

まずマイホームを購入する際に必ず検討した方が良いのが住宅ローン控除であり、住宅ローンを組んだ人に適応される制度です。住宅ローン控除の対象となるための条件は、新築または取得日から6カ月以内に入居していることや、借入れした人の合計所得金額が3000万円以下であること、ローンの返済期間が10年以上で設定されていることなどがあるので、これらの条件に合致するかを確認する必要があります。適応される場合には所得税が一定額安くなり返済されますし、所得税で控除しきれない場合には住民税もある程度軽減されるので、非常に節税効果の高い制度です。

住民税の節税方法の1つとして知られているのがふるさと納税ですが、こちらは住宅の購入の有無にかかわらず、一定の所得があり住民税を納めている人であれば活用することができます。ふるさと納税の特徴として、ワンストップ特例制度という特別な節税の申告方法が用意されているということが挙げられます。ワンストップ特例制度を使用するための条件として、1年間に寄付を行う自治体数が5つ以内であることが定められていますが、これに該当する場合は確定申告をする必要が無いので非常に便利です。

また、個人型確定拠出年金も節税に効果的で、掛け金が全額所得控除となるので住民税に加えて所得税を軽減することができます。個人型確定拠出年金は老後の備えとしての効果も期待できる制度なので、税金を減らしながらも効率的に貯金したいという方にオススメです。このように、税金を減らすことができる仕組みは色々と存在しますが、それぞれ利用方法や計算方法が異なるので使用する際には正しい利用方法で利用するように気を付けましょう。条件に合致していない場合や利用方法が間違っている場合は申請が通らないケースもあるので注意が必要です。そして、これらの中には計算方法が少々複雑な制度もあるので、難しくて自分では調べきれないという方は専門でコンサルティングを実施しているファイナンシャルプランナーや税理士などに相談してみることをおすすめします。