家を建てる時の手順をとっても分かりやすく解説してみました

住宅を建設するプロセス家を建てる場合には、いくつかの手続きを順番に完了する必要があり、買うことを検討し始めてから実際に入居できるまではある程度の期間が必要になります。始めは何から検討を始めればよいのかよくわからないという方も多いかと思いますので、簡単にどのような手順が一般的か解説させていただきます。

まずは、ご自身の普段の生活をイメージしながらどのようなタイプの家を購入したいかのイメージを膨らませる必要があり、その際譲れない条件や建物のイメージ、住んでみたい地域などについていくつかピックアップするべきです。通勤や通学にかかる時間や実家からの距離などの希望や、家族の人数を鑑みてどの程度の広さの面積が欲しいかなども重要なのでできるだけ具体的に希望条件を検討しましょう。忘れてはならないのが予算を決めることで、今後の就労状況や子供の養育費などをふまえてマイホームにいくらまでかけられそうかを考えます。予算を決めるとそれに伴い購入できるエリアや土地面積や建物面積などがおおむね定まります。

予算や希望条件がおおむね決まったら、具体的に土地を探すこととハウスメーカーを決めることが次のステップです。土地を探す際には立地や周辺環境や通勤通学の所要時間はもちろんのこと、地盤がしっかりしているかどうかの地盤調査も大切なので忘れないようにしましょう。一見条件に合い良さそうな土地であっても地盤調査で思わぬ結果が出てしまう場合もあるので慎重に調査をするべきです。そして、ハウスメーカーを決める時には1社に最初から決めてしまうよりは何社かと打ち合わせをして見積もりまで出してもらうのがおすすめです。打ち合わせの時の担当者の対応がスムーズであるか、また見積もり額が予算内に収まるかどうかなどを確認し、ハウスメーカーを決めると良いでしょう。

土地とハウスメーカーが決まると最終的な見積もりも決定しますので、次のステップは住宅ローンを組むことです。住宅ローンの中にも様々な種類があるので、金利や契約後のサービスや諸費用などについて比較して自分に合った金融機関を選ぶことをお勧めします。そして、全ての手続きや契約が完了したらいよいよ引き渡しとなり、入居が可能です。引き渡しまでの期間は施工業者やオーダーの複雑さなどによって異なりますので、入居したい時期に間に合うように施工可能かどうかはあらかじめ確認し、それまでの手続きなどはできる限り早めに行ってしまうのがポイントです。