家を建てた後のランニングコストはどのくらいかかる?

マイホームは建てて終わりという訳ではなく、建てた後でも一定額のランニングコストがかかることをご存知でしょうか。実はランニングコストにも色々な種類があり、この費用をあらかじめ知っておかないと後ほど家計を圧迫してしまう可能性もあるので、事前に知識として持っておくことをお勧めします。

まず、マイホームにかかる税金として、都市計画税と固定資産税があり、固定資産税は土地や建物と言った資産の価値に対してかかる税金であるのに対して、都市計画税は一定の市街化区域にある土地と建物にかかる税金のことをいいます。固定資産税はマイホームを買う際に必ず必要な税金ですが、都市計画税はその地域により基準が異なるため、自分が購入する土地の基準の確認が必要です。これらの合計は建物の広さや地方の基準により異なりますが、概ね10万円程度になることが多いです。

火災保険料は火災保険に加入する場合に必ず支払う必要があり、建物の性能などによっても費用は変化するため、何社か相見積もりをとって会社を選択するのが良いでしょう。火災保険料はだいたい10年ごとにかかる費用なので、それほど高額にはなりませんがランニングコストの1部です。また、月々の光熱費も家のランニングコストとして挙げられ、住宅の省エネ性能や家族構成によっても異なります。光熱費は特に、夏のクーラーを使用する時期や冬の暖房の使用頻度が高い時期に高騰する傾向があるので備えておく必要があります。

そして、一戸建て住宅は定期的にメンテナンスをすることで劣化しにくくキレイな状態を保つことが大切で、メンテナンスの際にもし不具合等が見つかった場合には修繕が必要になることもあるので注意が必要です。建ててから20年ほど経ったタイミングでリフォームを検討する人が比較的多く、その際にはまとまった費用がランニングコストとしてかかることになります。特に、ユニットバスやキッチンなどの設備を交換する際にはリフォーム費用も高騰するので、どこまでの設備をそのままにしてどの設備を交換するかは慎重に決めるべきです。リフォーム費用はランニングコストの中でも最も高く、全面リフォームの場合は少なくても数百万円から1000万円程度、設備の交換などが多い場合では2000万円ほどの費用が掛かる場合も中にはあります。家を建てる前に、あらかじめこれらのランニングコストについてもざっと見積もりをしておくのがおすすめです。