参考にできる!あなたに最適な間取りを見つけましょう

家の間取りを検討する際に、実際にどのような種類があるのかよくわからないので上手く要望が伝えられないという方は多いです。そこで、どのような間取りにしようか悩んでいる方のために、最近特に人気が出てきているアイデアについていくつか紹介させていただきます。

まず、リビングで最近注目されているのが吹き抜けのリビングであり、特に開放感にこだわりたいという方や、上の階に声が届きやすい設計が良いという方から支持されています。そして、吹き抜けのリビングの場合には2階以上の吹き抜け部分の面積が建物の延べ面積から除かれるため、容積率を抑えることができるというメリットも重要です。できるだけ広い家を建てたいが容積率の基準に引っかかってしまいそうだという場合には、吹き抜けのリビングにより多少の調整が可能なので検討する価値があります。

キッチンゾーンで根強い人気なのが対面キッチンで、リビングの様子をみながら料理を楽しめる点や夏は涼しく冬は暖かいリビングの一角で料理ができるという点がメリットです。対面キッチンであればキッチンのカウンターを利用することでよりおしゃれなリビングを演出することもでき、食事用のテーブルの一部として活用するという選択肢もあります。また、キッチンにパントリーを設置して食糧庫として活用することで、キッチンをスッキリ見せる収納術もおすすめです。パントリーにはごちゃごちゃしがちな保存食や調味料などをまとめて格納できるので、来客時に隠したいものなどをさっと入れるのに非常に便利です。

小さいお子さんがいらっしゃる家庭であれば子供部屋として和室を1室設けるのも1つのアイデアで、近年はお手入れが簡単なタイプの畳を使用した和室が主流になってきています。服やカバンなどの収納場所として圧倒的に支持されているのがウォークインクローゼットで、通常の見開きタイプのクローゼットと比べてウォークインクローゼットには大きな荷物も収納しやすく、工夫次第で使い方の幅も広がります。

ベランダの一部をテラススペースとして活用すると、天気の良い日にゆったりとお茶を楽しむことができますし、採光や風通りを確保できるというメリットもあります。ベランダを全て有効活用するのは難しいので一部をテラススペースにしてしまうのはとても良いアイデアです。間取りを考える際には、最後に全体的な風通りと採光を確認すると、風通しのよく明るいマイホームを手に入れることができるでしょう。